自転車をもっとたのしく快適に 自転車チェーン店ダイシャリン 自転車をもっとたのしく快適に

自転車販売チェーン店ダイシャリン。電動自転車、折りたたみ自転車、子供用自転車、通勤自転車、 等趣味やスポーツで自転車に乗っている人向けの自転車もご相談下さい。

トップページ>>ルールとマナー
ルールとマナー  

-自転車ライフのルールとマナー。趣味やスポーツで乗るためにも。自転車のルールとマナー

安全で楽しい自転車ライフのために。知っておきたいルール&マナー

楽しい自転車ライフのために 楽しい自転車ライフも、事故やケガがあっては何にもなりません。
安全で楽しい自転車ライフのために、 日常生活でのルールとマナーを学びましょう。

知ってる? 自転車の常識・非常識
1.横断歩道は渡れない?
横断歩道は渡れない? 自転車に乗ったまま横断歩道を渡ってはいけません。横断歩道は歩行者のためのものなので、自転車は降りて押して渡るのがルールです。 乗って渡れるのは、横断歩道の脇や自転車横断帯のあるところ。
2.子ども2人を乗せてもいい?
子供を二人乗せてもいい? 子ども用座席に、前に1人、後ろに1人乗せる3人乗りは違反です。乗せてもいいのは、幼児用の座席に幼児1人限り。前後に座席を取り付けても、乗せていいのは1人だけ。
2人同時に乗せるとバランスを失いやすく、転倒の危険が高くなります。
3.傘をさしての運転は?
傘をさしての運転は? 傘をさすなどの片手運転は「安全運転義務違反」になり、事故を起こしたとき過失による責任を問われる場合があります。
また肩や手から荷物を下げたり、ハンドルに荷物を掛けたり、ヘッドホンで音楽を聴いたり、犬をひいての運転や携帯電話で話しながらの運転も同様です。
自転車に乗るときも道路標識を守りましょう。
4.道路標識は守るべき?
道路標識は守るべき? 街なかでよく見かける「車両通行止め」「車両進入禁止」「止まれ」などの標識は、必ず守らなければならないものです。
もちろん信号無視などは絶対にダメ! 法律上は自転車も車両の一種。車用の標識や信号には従いましょう。特に「止まれ」で一時停止をしなかったケースが、自転車事故原因のトップという統計もあります。
ちなみに自転車は車道の左寄りを走るのが基本。「歩行者および自転車専用」の標識があるところは歩道を走ることができますが、その場合も車道寄りを走りましょう。
5.ライトは必要なの?
楽しい自転車ライフのために 自転車であっても無灯火走行は、交通法規上違反になります。
面倒だと思わずに、暗くなったら必ずライトを点灯して走るようにしましょう。

店舗一覧
ダイシャリンブログ
シナネン
オリックスバナー

{literal} {/literal}